訪問介護(ホームヘルパー)とは

介護保険
スポンサーリンク

訪問介護(ホームヘルパー)とは、

訪問介護とは、ホームヘルパーに自宅を訪問してもらい、

入浴、排せつ、食事の介助などの「身体介護」や、

清掃、洗濯、食事の準備などの「生活援助」をしてもらう在宅介護サービスです。

ホームヘルパーは、食事や入浴、排せつといった日常生活を送ることがむずかしくなった人を支援する心強い人です。

日常の家事の範囲を超えない範囲で、ケアマネジャーが必要と判断したサービスの提供を受けることが出来ます。

しかし、医療行為に関すること、金銭管理や契約に絡むことはお願いできません。

また、家族と同居する高齢者の場合は「生活援助」については対象外となる場合があります。

これは、自治体の多くが「同居家族がいれば、家事はその者ができる」と考えているためです。

ホームヘルパーの正式名称は、「訪問介護員」です。

ホームヘルパーになるためには、講義及び演習からなる「介護職員初任者研修過程」(約130時間)を修了し、身体介護の方法や介護におけるコミュニケーション技術を学ぶ必要があります。

昔は、ヘルパー2級という資格でした。

 

訪問介護で頼めること

生活援助

・清掃、整理整頓

・洗濯、衣類の補修

・一般的な調理

・食事の用意や片づけ

・買い物(生活必需品)

・薬の受け取り

・ゴミ出し

など

 

身体介護

・食事介助

・入浴、洗髪解除

・外出、通院の介助

・排泄介助、おむつの交換

・身体の清拭介助

・着替えの介助

・洗顔や歯磨きの介助

・就寝や起床の介助

・体温や血圧の測定

・爪切りの介助

・体位交換(寝たきりの人の身体の向きを変える)

・移動の介助(ベットからいすへなど)

など

 

訪問介護で頼めないこと

利用者以外のためにすること

・本人不在時の家事

・本人以外のための家事(ほかの家族の部屋やトイレ、廊下・玄関など共有部分の清掃など)

・本人以外のための食事作り

・来客へのお茶出しや食事の手配

など

 

医療行為(一部を除く)

・インスリン注射

・1回分の薬の取り分けや処方された薬の仕分け

・本人の口を開けさせての服薬介助

・本人に代わって医師に説明する、または説明を受ける

・医学的判断が必要な傷の処置

・巻き爪など変形した爪の爪切り

・床ずれの処置

・胃ろうチューブやカテーテルの洗浄

など、

ただし、指定研修および実施研修を修了した認定証を持つ介護職に限り、たんの吸引(口腔内、鼻腔内、器官カニューレ内部)と経管栄養(胃ろうまたは腸ろう、経鼻経管栄養)のケアができます。

 

日常生活の援助にあたらない、または日常の家事の範囲を超えること

・散髪

・草むしりや植物の水やり

・ペットの世話

・大掃除

・お酒やたばこなど嗜好品の買い物

・窓清掃

・病人食の調理

など

 

金銭管理や契約に関する行為

・預金やカード類、通帳、印鑑など貴重品の管理

・預貯金の引き出し

・契約書の代筆

など

 

訪問介護利用までの主な流れ

①ケアマネジャーに相談

②サービス提供事業者を決める

③サービス提供事業者と契約を結び、利用開始

 

自己負担額の目安(1割負担の場合)

身体介護中心の場合

20分以上30分未満  248円(1回)

30分以上1時間未満 394円(1回)

 

生活援助

20分以上45分未満 181円(1回)

45分以上     223円(1回)

 

介護保険で頼めないとこは自費での依頼が可能な場合も

庭の手入れやペットの散歩、電球の取り替えや大掃除など、介護保険の対象外のことであっても、自費なだ依頼可能な場合があります。

費用の目安は、1時間で2,000円~3,000円くらいです。(早朝・夜間・深夜などの加算がある場合があります。)

ふだんお願いしているホームヘルパーか、訪問介護事業所に相談してみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました