Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rojinsodan/rojinsodan.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
食べ合わせが悪いって、本当にあるの? | 老人ホーム生活相談員のひとりごと

食べ合わせが悪いって、本当にあるの?

雑学
スポンサーリンク

かき氷とてんぷらは、冷たいものと脂肪分が多いものを一緒に食べると、胃腸に負担がかかりすぎてよくないそうです。

また、大根と人参のように、一緒に食べると、栄養価が落ちてしまう組み合わせもあります。

人参に含まれるアスコルビナーゼという物質が、大根に含まれているビタミンCを破壊してしまうのだそうです。

よく食べるシラスに大根おろしもよくありあません。

シラスに含まれる栄養素、必須アミノ酸リジンの吸収を、大根のリジンインヒビターが邪魔をするのだそうです。

せっかく食べたのに、栄養が吸収されなくなってしまうのです。

納豆と生卵もよくありません。

納豆に含まれる皮膚の機能を正常に保つビタミンであるビオチンの吸収を、卵の卵白に含まれるアビジンが妨害してしまうのだそうです。

納豆に生卵を入れるときは、黄身だけにしましょう。

逆に、アサリと山芋は、山芋はインスリンの分泌を促進し、アサリに含まれるタウリンがインスリンの効果を高めてくれるので、良い食べ合わせだそうです。

これは、糖尿病の食事療法にもなっているとのこと。

レバーとアサリは、貧血予防、

エビやイカとアサリは、スタミナアップが期待できるそうです。

食べ合わせよよって、栄養を吸収できなかったり、相乗効果が現れたりするので、食べ合わせに注意してみましょう。

食べ合わせを意識したレシピなどが、ウエブサイトで紹介されていますよ。

タイトルとURLをコピーしました