Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rojinsodan/rojinsodan.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
老人の日、敬老の日、老人を敬いましょう。 | 老人ホーム生活相談員のひとりごと

老人の日、敬老の日、老人を敬いましょう。

季節行事
スポンサーリンク

9月15日といえば、以前は、敬老の日、

現在は、老人の日です。

 

どうして似たような日があるんでしょう。

 

そもそも、

昭和22年(1947年)に兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)で行われた敬老行事がきっかけとなり、

昭和25年(1950年)に9月15日を「としよりの日」とようとする敬老・福祉の県民運動が開始されました。

 

昭和26年(1951年)、中央社会福祉協議会(現:全国社会福祉協議会)が全国運動を提唱しました。

9月15日から21までの1週間を運動週間として、「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加しよう」ということをうたって、様々な活動が推進されました。

 

「としよりの日」は後に「老人の日」を経て、昭和41年(1966年)に国民の祝日として「敬老の日」へと発展しました。

そして、

平成13年(2001年)の老人福祉法の改正により、9月15日が「老人の日」、9月21日までの1週間が「老人週間」と定められました。

 

「国民の祝日に関する法律」の改正により、ハッピーマンデー制度ということで、

平成15年(2003年)から「敬老の日」は、9月の第3月曜日になっています。

 

「敬老の日」は、国民の祝日に関する法律により定められた日、

「老人の日」は、老人福祉法に定められた日なんですね。

平成13年と平成14年のみ9月15日が両方の日だったんですね。

 

ところで、何歳以上を老人と言うのでしょうか?

実は、老人福祉法には、「○○歳以上を老人という」という定義は規定されていません。

養護老人ホームや特別養護老人ホームが利用できる人が、65歳以上、

有料老老人ホームが60歳以上などと、

何歳以上の人が何を利用できるのかを規定しているだけなのです。

 

以前は、60歳以上を老人と言っていたようですが、

現在は、60歳になっても働いている人が多く、

70歳を過ぎないと老人という感じがしなくなってきています。

 

75歳以上を後期高齢者と呼んでいますけどね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました