Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rojinsodan/rojinsodan.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
「ごきげん長者」の成功法則 | 老人ホーム生活相談員のひとりごと

「ごきげん長者」の成功法則

日記
スポンサーリンク

「ごきげん長者の法則」とは、ひすいこたろうさんが、提言する。

どんな人でも一瞬にして幸せになる法則です。

スポンサーリンク

ごきげん長者度があがって、

幸せになる5つのステップ

ステップ1 「幸せのため息」

朝、起きたら、温泉につかっているかのように「は~~~~、し、あ、わ、せ~~~~」とつぶやきます。

幸せのエネルギーが胸の中から全身に広がっていくイメージだそうです。

この「幸せのため息」は、最高の1日の「予祝」になっているのだそうです。

予祝とは、古来日本人の夢の叶え方で、先に喜ぶという「前祝い」をすることだそうです。

願いを叶える前に、先にお祝いをすると、その願いを引き寄せることができるそうです。

お花見も、「桜」の花を「稲」の実りに見立てて、仲間をワイワイお酒を飲みながら先に喜び、お祝いをすることで、稲がたわわに実り、お米がしっかり獲れるという願いを引き寄せようとしているのだそうです。

盆踊りも、秋の豊作を喜ぶ前祝いの踊りで、「新年あけましておめでとうございます」という言葉も、1年の初めに「おめでとう」と先に祝ってしまおうというものなんだそうです。

朝一番の幸せのため息は「は~~~~、し、あ、わ、せ~~~~」と呟き、幸せな気持ちを自分の中で作ってから、1日を始めましょう。

 

ステップ2 「寝る前に幸せな理由を3つ思い浮かべる」

幸せな人とは幸せを探すのが得意な人で、

不幸な人とは、不幸を探すのが得意な人だそうです。

違いはそれだけなんだそうです。

今日よかったことに意識をフォーカスする訓練をわずか15日間やっただけで、ベットからも離れられないくらい精神的にダウンしている人たちでも、94%の人が安堵感を覚えた例があるそうです。

「今日は晴れていた」とか「本を1章読めた」とかそんな些細なことを毎日3つあげるだけで、たった15日で人は変われるのだそうです。

ステップ3 「×の過去を〇にする」

「過去にバツを出していることは、未来にバツを出していることと同じ」ことだそうです。

「これでよかったんだ」と過去の出来事の真の意味を受け入れた瞬間に、「これでよかった」未来にシフトするのだとか。

「大丈夫だよ」と過去に伝えてあげられた瞬間に「何があっても大丈夫」な未来にシフトするのだそうです。

過去をとらえ直すことで、未来は変えることができるのだそうです。

すべての問題はあなたの愛を深めるために存在しており、起きる出来事を淡々と受け入れ、認め、ゆるし、愛していくだけだそうです。

 

ステップ4 「不機嫌対策の奥義」

「こんなことができないなんて、なんて自分はダメなんだろう」

「私には無理。できない。本当は自身がない。」

と思ったときは、

そう思った後に、「と思った自分って、かわいい!」

と言ってみましょう。

ステップ5 「=LOVE 答えはいつも愛」 The answer is LOVE

コインの裏側はいつも愛

このままじゃダメだと思っている人は、本当はもっとできる自分の可能性をどこかで信じているから。

この世界は、あなたの「認識」でできているそうです。

あなたの認識の限界が、世界の限界になっているそうです。

奇跡なんか起きないと思って不機嫌に過ごすか、奇跡はあっさり起きると思って毎日ご機嫌に過ごすかを、あなたは選ぶことができるのです。

自分で自分の起源を取って過ごすだけで想像以上に幸せな奇跡がどんどん連鎖するそうです。

5つのステップを実践して、長者になるぞ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました