福耳はお金が貯まるといわれるのはどうして?

雑学
スポンサーリンク

福耳がお金持ちの象徴となったのにはいくつかの説があるそうです。

もっとも有名なのは、福徳の神であり財をなす象徴である大黒天が大きな耳たぶをしていたので、そのような耳を福耳と呼ぶようになったという説です。

ほかにも、お釈迦様が「肩まで垂れ下がっている耳」をしていることから大きな耳は縁起かいいとされるようになったという説もあります。


また、中国では、昔から豚が富と幸福の象徴とされていて、豚のように大きく垂れ下がった耳を持つ人が、たくさんの富を手に入れられると信じられたいたのだそうです。

タイトルとURLをコピーしました