血液型でハゲかたが違うって本当?

雑学
スポンサーリンク

「ハゲの悩みはハゲた者にしかわからない」と言った人がいたそうです。

ハゲた人でも、あまり知らないのが、血液型とハゲかたの関係だとのこと。

医学的な根拠は解明されていないそうですが、血液型によってハゲかたにある傾向がみられるのだそうです。

日本人に一番多いA型の人は、中途半端なハゲかただとか。

耳の近くや、えりあしの近くの毛はあまり抜けえず、全体的にうぶ毛が残ることがあるそうです。

ツルッパゲになるのは、O型の人に多いとか。

O型の人は、ハゲ始めたら最後の一本まですっかり抜けてしまう恐れがあるので、注意が必要です。

B型の人は、少しだけ残るそうです。

頭のてっぺんに数本生え残るとのこと。

オバケのQ太郎かサザエさんの波平さんみたいですね。

一番ハゲる確率の低いのがAB型の人だそうです。

ツルツルになることが、ほかの血液型に比べて少ないとのこと。

でも、これは、一つの傾向にしかすぎません。

ハゲというのは血液型によって起こるのではなく、男性ホルモンの過剰や肉の食べ過ぎが一因になることがわかっています。

AB型だからといって、ハゲないとは限りませんし、O型だからといって、全ての人がハゲるわけではありません。

最近は、ハゲをチャームポイントにしている人も多いですね。

タイトルとURLをコピーしました