Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rojinsodan/rojinsodan.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 853
イルカは、どうやって塩分を摂りすぎないようにしているの? | 老人ホーム生活相談員のひとりごと

イルカは、どうやって塩分を摂りすぎないようにしているの?

雑学
スポンサーリンク

適量の塩分は必要不可欠なものですが、塩分の摂りすぎは危険ですね。

人間に限らず多くの生物にいえることだそうです。

海水に棲む魚たちは、塩類細胞という細胞で、塩分の摂取を上手に調節しているのです。

しかし、魚ではないイルカやクジラなど海の保有動物は、どうやって塩分の摂りすぎを防いでいるのでしょうか。

イルカもクジラも大量にエサを食べます。

たくさん食べたものは体の維持や運動エネルギーになるだけでなく、体内で水分に変えられたりもします。

水分になるのは、食べた魚などの脂肪分です。

体内で脂肪分をどんどん分解し、酸化させて水分をつくり出すことができます。

食べれば食べるほど、体内の水分が増える仕組みなのです。

おかげで、塩辛い海の水を飲まなくてもすみますし、体液の濃度の上がらずにすむのです。

しかし、水分を増やしたままでは、水膨れになってしまうので、これを大量の尿として排出します。

このとき余分な塩分や体内の老廃物も一緒に出すのです。

多量の食べ物からどんどん水分をつくって新陳代謝を活発にし、塩分を貯め込まないようにしてるのです。

タイトルとURLをコピーしました