Windows7でOffice2013 を令和対応にしました。

パソコン
スポンサーリンク

私が勤務している施設のパソコンは、

Windows7にOffice2013です。

なぜWindows10にしないのかというと、

「福祉見聞録」というソフトを使っており、

5年リースのため、勝手にOSを変えることができないのです。

スポンサーリンク

マイクロソフトのホームページによると、

自動で令和対応になるようなことが書いてあるのですが、

いつになっても令和対応にならないため、

自分でアップデートして令和対応にしてみました。

Excel2013では、5月1日を過ぎても平成のままです。

まずは、

Windows7のアップデート

1.[スタート]から[すべてのプログラム]‐[Windows Update]をクリックします。

2.すると「Windows10をインストールできませんでした。」

と出ます。Windows10をインストールしてしまうと、「福祉見聞録」が動かなくなってしまうのですが…。

しかも、更新プログラムのインストールに日時が昨日の21:16になっています。

そこで、「更新プログラムの確認」をクリックしてみました。

すると、

しばらく確認した後、

「利用できる重要な更新プログラムはありません。」と表示されます。

よく見ると、「3個のオプションの更新プログラムが利用可能です」と書いてあるので、そこをクリックします。

クリックすると、

更新プログラムが表示されます。

必要なのは「Windows7用更新プログラム(KB3102429)

だけだと思うのですが、不安なので3つすべてにチェックを入れて「OK」をクリックしました。

すると

「選択した更新プログラムのダウンロードとインストール」が表示されますので、

[更新プログラムのインストール(I)]をクリックします。

「更新プログラムをダウンロードしています…」の表示が出ます。

18%完了と56%完了の時が一番長いです。

その後、「インストールの準備をしています…」に変わり、

しばらくすると、

「更新プログラムは正常にインストールされました。」という表示が出るので、

[今すぐ再起動(R)]をクリックします。

Windows7が再起動します。

ここまでの所要時間は、25分くらいです。

これだけでは、Excel2013は令和対応になりません。

Office2013のアップデートが必要です。

 

Office2013のアップデート

Word2013かExcel2013を開きます。

私はExcel2013 を開きました。

[ファイル]‐[アカウント]をクリックします。

すると、

の[更新オプション]‐[今すぐ更新]をクリックします。

「Officeの更新プログラムをダウンロードしています…」という表示が出ます。

しばらくすると、

「いくつかのプログラムを閉じる必要があります」という表示が出るので、

[プログラムを閉じる(L)]をクリックします。

「更新を適用しています…」と表示されます。

表示が消えたら完了です。

所要時間は10分くらいです。

無事「令和」対応になりました。

Windows7のアップデートとOffice2013のアップデートの順番を逆にしても大丈夫です。

 

ローソンでパソコンをインターネットに接続する方法

ファミリーマートでパソコンをインターネットに接続する方法

セブンイレブンでパソコンをインターネットに接続する方法

ワードプレスをインストールしよう!

独自ドメインで表示されるようにしよう!

このブログの作るため、まずは、Xサーバーを借りることにしました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました