どうしてお正月におせち料理を食べるの?

季節行事
スポンサーリンク

お正月といえば、おせち料理ですね。

ところで、どうしてお正月にどうしておせち料理をたべるのでしょう?

お正月のお客様のための料理なんでしょうか?

母からは、お正月に包丁を持たないよう、主婦を休ませるための料理だと聞いていたのですが、本当はどうなんでしょうね。

”おせち”とは、”お節供(おせちく)”の略で、年の始めにその年の豊作を祈って食べる料理や武士の祝い膳、新年を祝う庶民の料理などが混ざり合って出来上がったものだそうです。

さらには、正月三が日は主婦を家事から解放するという意味も含めて、保存の効く食材が中心になったといわれているそうです。

母の言っていたことも当たっていたんですね。

また、お正月に火を使うことをできるだけ避ける、という物忌みの意味も含んでいるそうです。

でも、お正月にお餅を焼いたり、お雑煮を作ったりするときに火を使っているような気もするのですが…。

”お節供(おせちく)”は、”節日”(1月1日、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)に、神にお供えをし、宴を開くという、平安時代に行われていた宮中行事のこと。

江戸時代後期に、江戸の庶民がこの宮中行事を生活に取り入れ始めたのがきっかけで、全国的におせち料理の風習が広まったのだそうです。

やがて、節日の一番目にあたる正月にふるまわれるごちそうだけが「おせち料理」と呼ばれるようになったのだそうです。

最近では、自宅で作るというよりも、デパートやコンビニ、はたまたインターネット通販で準備するのが一般的になっているみたいですよね。

インターネット通販の場合、その大きさをよく確認しないと、がっかり何てことがありますから注意しないといけませんよ。

職場の主婦が昨年インターネットでおせち料理を注文して、思っていたよりも小さくてがっかりしたと言っていましたから。

また、おせち料理は、めでたいことを重ねるという願いをこめて重箱に詰めるのだそうです。

基本は四段重ねで、上から一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。

最も代表的な詰め方は、

一の重…黒豆、数の子、ごまめ(田作り)など

二の重…伊達巻やきんとんのような甘いもの中心

三の重…魚や海老の焼き物など海の幸

与の重…野菜類の煮物などの山の幸

となっています。

おせち料理の料理にはそれぞれ意味があるのはご存知ですね。

黒豆…一年中まめ(まじめ)にはたらき、まめ(健康)に暮らせるようにという願いが込められています。

数の子…たくさんの卵からることから、子孫繁栄の願いが込められています。

ごまめ(田作り)…五穀豊穣の願いが込められています。

海老…長寿の願いが込めれれています(腰が曲がるまで元気でということですね)
また海老の赤い色は魔よけの色ともいわれています。

昆布巻き…よろこぶの語呂合わせから、おめでたいものですね。

きんとん…金団と書き、その色から財産、富をえる縁起物とされています。

紅白なます…紅白のおめでたい色は水引を表し、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物です。

しかし、最近はデパートやコンビニ、インターネット通販での購入が主なため、一つの重にすべての料理が入っているものなどや一人用のおせちなどがあるため、与の重まで準備できる家庭は少ないのではないでしょうか。

毎年決まった料理なんですが、お正月に食べるおせち料理には、何かわくわくさせてくれる魅力がありますよね。

クリスマスの意味を知らない日本人
クリスマス・キャロルって何?
クリスマスツリーの飾りつけには意味があるの?
クリスマスにどうしてクリスマスケーキを食べるの?
クリスマスプレゼントっていつもらえるの?
おせち料理を注文する季節ですね
お正月って何?
11月11日は、「ポッキー&プリッツの日」、いやいや「いい出会いの日」
大晦日とは?
11月12日の記念日は5つだけ、いえいえ正確には2つです。
ポテトチップスの日てあるの?
どうしてお正月にカニを食べるの?
11月13日は「いいひざの日」と「茨城県民の日」と「うるしの日」
サンタクロースを白と赤の衣装にしたのは、コカ・コーラ?
文化の日って何?
いつ見るのが初夢?
11月11日は記念日の多い日

タイトルとURLをコピーしました