「ウサギとカメ」のウサギはその後どうなったの?

雑学
スポンサーリンク

のろまなカメと足の速いウサギが競争して、途中でウサギが居眠りをしてしまい、最後には堅実なカメが勝利するという『ウサギとカメ』の物語。

イソップ寓話(ぐうわ)にも収蔵された有名なお話ですが、実はこの物語には続編があるのです。

カメに負けたウサギは村に戻ると、みんあはカメに負けたことを恥さらしだと怒り、ウサギは村から追放されてしまいます。

そんなとき、村にオオカミが現れて小ウサギを3匹差し出すように要求します。

それを聞いたウサギは、オオカミのいる峠に出向き、オオカミをうまくだまして谷底に突き落としてしまうのです。

一躍英雄となったウサギは無事に村に戻ることができ、みんなと仲良くくらしたそうです。

これが、『ウサギとカメ』の物語の続編『負けウサギ』の物語です。

タイトルとURLをコピーしました