地域密着型サービスとは

福祉
スポンサーリンク

地域密着型サービスは、住み慣れた地域での要介護者の生活を支えることを目的として、平成17年の介護保険法の改正により新たに設けれれたサービスです。

夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者介護がある。
夜間対応型訪問介護とは、居宅要介護者が夜間でも安心してその居宅で生活できるように、定期的な巡回や緊急の通報により居宅を訪問し、介護福祉士などが入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話を行います。

認知症対応型通所介護とは、認知症である居宅要介護者が可能な限りその居宅において日常生活を営むことができるように、特別養護老人ホームや老人デイサービスセンターなどに通わせ、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話や機能訓練を行います。

認知症である居宅要支援者に対しては、介護予防を目的とした介護予防認知症対応型通所会議が行われます。

小規模多機能型居宅介護とは、要介護者の居宅での生活の継続を支援するため、「通い」を中心として、その心身の状況や置かれている観光などに応じて、「訪問」や短期間の「宿泊」を組み合わせて、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話を行います。

利用者と従業員の馴染みの関係を築きながらサービスを提供することを重視するため、登録定員は25人以下とされています。

居宅要支援者に対しては、介護予防を目的とする介護予防小規模滝の型居宅介護が行われます。

認知症対応型共同生活介護とは、いわゆるグループホームのことです。

認知症である要介護者に対して、入居定員5~9人の共同生活住居における家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにします。

認知症である要支援者に対しては、介護予防を目的とする介護予防認知症対応型共同生活介護が行われます。

地域密着型特定施設入居者介護とは、入居者が要介護者とその配偶者などに限られる有料老人ホームなどのうち、入居定員が29人以下であるもの(地域密着型特定施設)に入居している要介護者に対して、提供するサービスの内容や担当者などを定めた計画に基づいて、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話や機能訓練を行います。

地域密着型介護老人福祉施設入所者介護とは、入所定員が29人以下である特別養護老人ホームにおいて、入所する要介護者に対して、提供するサービスの内容や担当者などを定めた計画に基づいて、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話や機能訓練や健康管理を行います。

 

 
福祉六法とは?
老人とは何歳以上の方を言うのか?
養護老人ホーム以外の老人福祉施設の種類
老人保護措置費とは2
2025年問題と昭和100年問題
養老院と老人ホーム
介護老人保健施設とは
特別養護ホームとは
軽費老人ホームとケアハウスとは
グループホームとは
有料老人ホームとは
老人介護とは
シルバーハウジングとは
特定施設入居者生活介護と外部サービス利用型特定施設入居者生活介護とは
老人介護支援センターと在宅介護支援センターと地域包括支援センター

タイトルとURLをコピーしました