要介護度

介護保険

要介護度とサービス

介護保険を利用するときは、必ず「要介護認定」を受けなければなりません。要介護認定は、利用者の身体の状態を確認しながら、どのくらい介護を必要としているかを判断するものです。介護を必要としている度合いを「要介護1~5」「要支援1・2」「非該当(自立)」という区分で表し、この区分は一般に「要介護度」と呼ばれます。要介護度によってサービスを利用できる範囲が異なり、介護保険の給付を受けられる限度額が決められています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました