養護老人ホーム

養護老人ホーム

養護老人ホームと介護保険との関係について

平成12年4月1日に介護保険法が施行されましたが、平成18年3月31日までは、養護老人ホームの入所者は、介護保険法のサービスは全く利用することができず、介護保険料が徴収されるのみでした。 平成18年4月1日からは、養護老人ホームも介護保険法では居宅扱いとなり、住宅改修以外の介護保険法のすべてのサービスを受けることができるようになりました。※ 養護老人ホームの入居者が介護保険を利用できる法的根拠
養護老人ホーム

養護老人ホームの老人保護措置費とは?

※ 老人ホームに老人を入所させると、措置市町村から施設に対し「措置費(老人保護措置)」が支払われ、その「措置費」により施設の運営がされます。「措置費」の内容は、入所者の食費、被服費、光熱水費等に支出される「事業費(生活費)」と、職員の給料や事務用品のなどに支出される「事務費」とに分けられます。「措置費」の額は、
養護老人ホーム

養護老人ホームでは、どんな時退所になるの?

① 措置の基準に適合しなくなった時② 入院その他の事由により老人ホーム以外の場所で生活する期間が3箇月以上にわたることが明らかに予想される場合、又はおおむね3箇月を超えるに至った場合③ 養護老人ホームへの入所の措置を受けている老人が、介護保険法に基づく施設サービスの利用が可能になった場合※ 当然この他に、死亡した場合も退所という扱いになります。○「老人ホームへの入所措置等の指針について」
養護老人ホーム

養護老人ホームには、どんな人が入所できるの?

(原則として)65歳以上で、(1)環境上の事情のア 健康状態が、入院加療を要する病態でないこと。なお、施設は、
養護老人ホーム

養護老人ホームとは(概要と目的)

養護老人ホームとは、老人福祉法に基づく老人福祉施設であり、65歳以上の者であって、環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難なものを入所させ、養護するとともに、その者が自立した日常生活を営み、社会的活動に参加するために必要な指導及び訓練その他の援助を目的とする施設です。入所については
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました