介護保険

介護保険

ショートステイとは

ショートステイとは、要介護認定を受けている高齢者が、施設に短期間宿泊して、介護や機能訓練などを受けるサービスです。介護者が病気やケガで介護できない、冠婚葬祭で出張で不在になるといった場合に、「連続30日以内」を限度に利用できます。介護者が休息をとりたいときなどにも対応してくれます。
介護保険

デイケアとデイサービスの違いって何?

デイケアとデイサービスの一番の違いは、デイケアは医療施設で行う介護サービスで、医師が常駐していることです。内容はリハビリ・体調管理で、リハビリには主治医の指示が必要です。施設によっては、リハビリ以外のサービスを行っていない場合があります。
介護保険

居宅療養管理指導とは

居宅療養管理指導とは、医師や歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに自宅を訪問してもらい、薬の飲み方や食事など療養上の管理・指導を受けるサービスです。通院が困難な高齢者が自宅で安心して過ごせるようにすることが目的です。利用できるのは、要介護1以上の高齢者です。
介護保険

訪問看護とは

訪問看護サービスは、在宅療養中で、主治医から「訪問看護が必要」と判断された要支援・要介護認定者が対象です。 訪問看護サービスを利用するためには、主治医の「訪問看護指示書」が必要です。 自宅を訪問し、看護を行うのは、病院・診療所の看護婦、または訪問看護ステーションから派遣される看護師です。
介護保険

訪問リハビリテーションとは

訪問リハビリテーションとは、リハビリ専門家(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)が自宅を訪問し、心身機能の維持・回復や日常生活の自立に向けたリハビリ指導を行うサービスです。利用できるのは、主治医から訪問リハビリが必要と診断された要支援1以上の人です。
介護保険

訪問入浴介護とは

訪問入浴介護は、看護師を含む3名の介護スタッフが自宅を訪問し、持参した浴槽で入浴させてくれるサービスです。 寝たきりや身体の障害などにより1火とでの入浴が難しい人でも、身体への負担が少なく、安全な姿勢で入浴させてくれます。利用できるのは、要介護1~5で、医師から入浴を許可されている人です。
介護保険

訪問介護(ホームヘルパー)とは

訪問介護(ホームヘルパー)とは、 訪問介護とは、ホームヘルパーに自宅を訪問してもらい、入浴、排せつ、食事の介助などの「身体介護」や、清掃、洗濯、食事の準備などの「生活援助」をしてもらう在宅介護サービスです。
介護保険

介護保険サービスの利用限度額は介護度と収入で変わります

介護保険で受けることができる「介護保険サービス」の利用料金は、「介護度と収入」「居住する自治体」により異なります。 介護保険サービスの利用料金の自己負担割合は、1割・2割・3割の3種類に分かれています。 さらに、介護度により利用限度額が定められています。 限度額を超えない限りは、利用料の1~3割を負担するのみで収まりますが、限度額を超えた分は、すべて自己負担となります。
介護保険

介護保険はどんな人が利用できるの、滞納していた場合は?

65歳以上の人は、支援や介護が必要だと認められた場合、全員が介護サービスを利用することができます。40歳から64歳の人は、厚生労働省が定める「特定疾患」で介護が必要になった場合のみ利用できます。「特定疾患」とは、
介護保険

介護で困ったら、地域包括支援センターへ行こう

介護で困ったら、まず「地域包括支援センター」へ行きましょう。 各種相談のほか、情報収集にも協力してもらえます。 介護や介護保険のことがわからなくても心配はいりませんよ。介護で困ったら、まず「地域包括センター」へ行きましょう。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました