夏まつりでテレビを4台繋いだら

養護老人ホーム
スポンサーリンク

昨日は、施設の夏まつりでした。

以前は、外の駐車場で夏まつりを行っていたのですが、

入所者がだんだん弱くなってきて、

外で夏まつりを行うことができなくなってきました。

 

そこで、数年前から室内の集会室で夏まつりを行っているのですが、

これが、狭い。

入所者だけならなんとか丁度良いぐらいの広さなのですが、

入所者の他に、来賓が20名、家族が30名ぐらいいらっしゃるるので、

とても狭いのです。

 

しかも、3分の1は畳の部屋。

さらに、集会室と畳の部屋のちょっとした間には壁もあって、

舞台を直接見ることができません。

 

そこで、集会室にあった1台とその裏に1台、と奥に1台、

玄関前のホールに1台テレビを設置しました。

 

集会室の舞台の様子をビデオカメラで撮影して、

4台のテレビに映すのです。

 

長いピンコードがないので、

同軸ケーブルのアンテナ線の先にピンコードを繋いでテストです。

 

電気屋さんから購入したピンコードは映ったのですが、

100円ショップで購入したピンコードでは映りませんでした。

 

電気屋さんからピンコードを購入しなおして、

繋いでみると、なんとか映ったのですが、

なぜか画面が真っ赤っか!

 

ビデオの出力を単純に4つに分けたので、

かなりロスになっているようです。

 

ちょうど音響を担当しにきていた電気屋さんに聞いてみると、

分配器を使用しないとダメとのこと。

電気屋さんが持っているとのことで、

お借りすることに。

 

さすが、ちゃんとした機械は違いますね。

プースター内臓ということで、

綺麗に映すことができました。

 

さらに、夏まつりでは、行事などを一年間撮影した写真に音楽を付けて、

スライドショーとしてパソコンからプロジェクターでスクリーンに映写しているのですが、

 

プロジェクターだけでなく、ダウンコンバーターを使って、

先ほどの4台のテレビに写すこともできました。

 

昨年は、テレビが暗いという反省が出ていたのですが、

今年は、大丈夫のようです。

 

夏まつりの内容は、

1.井上千春さんのステージ(第1部)

2.休憩(スライドショー)

3.井上千春さんのステージ(第2部)

でした。

18:15分に始まって20:00で終了です。

その後、後片付けに1時間ほどかかりました。

 

さらに、次の日も半日は後片付けです。

 

サービス品として

わたあめ

かき氷

きゅうり

などがあります。

昨年までは、手動でかき氷を作っていたのですが、

今年は、電動でかき氷を作ったので、

お客様に待たせることなく、かき氷を提供することがでしました。

 

でも、疲れて、次の日は眠くて、眠くて。

 

タイトルとURLをコピーしました