どうして十八番が”おはこ”なの?

雑学
スポンサーリンク

その人がお得意とするものを「十八番」(おはこ)といいますね。

どうしてなんでしょう。

”おはこ”というのは、歌舞伎からきているのです。

歌舞伎の市川家は江戸歌舞伎の中心的存在で、

初代、二代目と勇壮な演目である荒事(あらごと)を得意としていました。

しかし、その後の代で芸風が変わったこともあり、

七代目、市川團十郎は、あらためてお家芸を制定し、

荒事の伝統を復活させようとしました。

 

そして、自分の当たり役のなかから十八の演目を選び、

 

これを1832(天保3)年に「歌舞伎十八番」として掲げました。

現代でいうと、DVDのベストアルバムを出したようなもの。

 

これが、やがて江戸じゅうで評判となり、

その人が得意だと自他ともに認めるものを「十八番」と呼ぶようになったのです。

現在で言えば、ベストテンみたいなものですね。

 

でも、どうして「十八番」を「おはこ」と読むのでしょう?

それは、十八の台本をしまっておいた箱のことを指すうちに、

それが一般までに広まっったのだそうです。

 

歌舞伎十八番のうち半分くらいは、現在でも上演されているそうです。

 

市川團十郎は、先祖から伝わったお家芸とはべつに、

自分の芸である「新歌舞伎十八番」も制定しようとしたのですが、

完成しないまま没してしまいました。

 

なぜ歌舞伎の演目を十八としたのかについては、

十八には「たくさん」という意味がるという説や

十八という数字は縁起がいいからという説があります。

 

十八という数字は、歌舞伎の世界だけでなく、多くの中から代表的なものをピックアップ
してまとめる際によく使われてきました。

「武芸十八般」などの言葉があります。

日本古来なら、十八なのでしょうが、

最近では、ペストテンなど英語系の数字が多くなってきましたね。

 

その人がお得意とするものを「十八番」(おはこ)といいますね。

どうしてなんでしょう。

”おはこ”というのは、歌舞伎からきているのです。

歌舞伎の市川家は江戸歌舞伎の中心的存在で、

初代、二代目と勇壮な演目である荒事(あらごと)を得意としていました。

しかし、その後の代で芸風が変わったこともあり、

七代目、市川團十郎は、あらためてお家芸を制定し、

荒事の伝統を復活させようとしました。

 

そして、自分の当たり役のなかから十八の演目を選び、

 

これを1832(天保3)年に「歌舞伎十八番」として掲げました。

現代でいうと、DVDのベストアルバムを出したようなもの。

 

これが、やがて江戸じゅうで評判となり、

その人が得意だと自他ともに認めるものを「十八番」と呼ぶようになったのです。

現在で言えば、ベストテンみたいなものですね。

 

でも、どうして「十八番」を「おはこ」と読むのでしょう?

それは、十八の台本をしまっておいた箱のことを指すうちに、

それが一般までに広まっったのだそうです。

 

歌舞伎十八番のうち半分くらいは、現在でも上演されているそうです。

 

市川團十郎は、先祖から伝わったお家芸とはべつに、

自分の芸である「新歌舞伎十八番」も制定しようとしたのですが、

完成しないまま没してしまいました。

 

なぜ歌舞伎の演目を十八としたのかについては、

十八には「たくさん」という意味がるという説や

十八という数字は縁起がいいからという説があります。

 

十八という数字は、歌舞伎の世界だけでなく、多くの中から代表的なものをピックアップ
してまとめる際によく使われてきました。

「武芸十八般」などの言葉があります。

日本古来なら、十八なのでしょうが、

最近では、ペストテンなど英語系の数字が多くなってきましたね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました